読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

Mt.富士ヒルクライム

レース
 富士リザルト 1:22:42.193 200w⁇
f:id:Rupin:20130603165804j:plain
ケニーさんから急遽代理で出走させて頂き、色々と考えて設定目標とした80分切りは叶わず。先週のヤビツで大幅にベストを更新(3分)し、順調にコンディションを上げて臨んだのですが全然踏めず。ダメだった…>_<…

飲み会続きで前の日にゴルフで疲労回復が出来なかったとか良くわかりませんが、緩斜面なのにトルクがかけられない嫌な感じ。しっかり疲れを取って出直しです。

スタート前

前日ゴルフから嫁実家に帰り夜ご飯食べて速攻で一人自宅へ。翌日15時まで戻らないと行けないためTさんに同乗させていただくことは断念。3:45にいつもの交差点に集合して東名で一路富士へ。

懸念された天候はバッチリ。
寒さもないし蔵王より若干太陽が出ていない程度。アップは駐車場からスタートまでの3km程度の登りを2回。ちょっと脚が重いので、回転重視で行く作戦。

スタート前にCWSの方とご挨拶。渋博さんの土曜朝練でご一緒したBlackcombさんともしばし談笑。

スタート直前はTさんにコースを色々と教えて頂き参考にさせていただく。思えば、3年以上昔に一度試走しただけで殆どコースを知らない。

24kmだけど20kmを過ぎたらフラットなので、20kmのヒルクライムだと思えば良いというアドバイスで少し気楽に。
途中S山さんがパンクで駐車場に戻るなどのトラブルもあったが、みんなで無事にスタートを切った。

レース

リアルスタートでいきなり10%弱の坂。周りは1:15申請の人ばかりで実力比ペースは速い。300wから250w程度のキツイペース。ガンガン抜かれるが心拍160でLT以上には上げないように。
暫くグルぺ集団で付いて行くが自分として頑張れるギリギリのペースでも、最初のチェックポイントの一合目で早くも5分の遅れ(1時間15分設定)。これで一気にテンションが下がる。
しかし回すしかない。重心を前に前傾して踏むが、何故かケツが痛い痛い。クランクにパワーがかからず、緩斜面は200wを割り込む事も多くなる。
途中で蔵王の試走で見たフォルツァの男性にかわされたのでこれには意地でも付いて行くと決めて付き位置。
2合目辺りでは渋博さんに「こういちさんガンバ」と言われてパワーアップ。その後1km位背中を見ながら追いすがるもいつの間にか見えなくなる。
この頃から、記憶が曖昧だが、スプリント区間はグタグタ。
最後のフラット区間。「やっとフラットやー」と3人位で回しスピードを稼ぐも、あれ?あれ?フロントがインナーに戻らず、最後のゴール前は一人SFR練習状態。
HR的には蔵王より追い込んで走れた事は収穫だが、パワーがかけられない。前週のヤビツ35分50秒に対し30wも低いワットしか出せませんでした。

抜本的なトレーニング強化(筋力と心肺)と減量が必要ですね。

とにかく、毎週山宣言。一応4月末から毎週末登ってるので、ヒストリカルでは最速のはず。がんばろ〜