Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

箱根→伊豆半島→箱根 128.9km

仙石原→御殿場→三島→修善寺→冷川峠→伊東→熱海→熱海峠→十国峠→箱根峠→元箱根→仙石原

128.9km 5h13m 1574m 2930kj

f:id:Rupin:20130816133934j:plain
以前、ウン億するクルーザーを持ってる元上司に、船の楽しみは、計画する事にその90%があると言われた事がある。
天候、しけ、風、乗員メンバーの面子、寄港する港、現地のネタ。キリがない。
自転車のコースを決めるのも同じ様に楽しくも難しい。トレーニングの何を鍛えようとしているのか、天候や自分の体調と良く相談してあとは地図とにらめっこ。
仙石原を拠点に14:00まで時間を貰った。折角ここに居るんだから、やっぱり伊豆に行きたい。しかし、暑いから無理は出来ないし、最後はどのみち800m登らないと帰れない。
結論としては、大仁から亀石峠辺りをかすめて熱海。そこまでのアプローチは御殿場ルートか1号ルートに決定。

5:45起床して6:00に出発。仙石原は涼しい。20度くらい。思わず、乙女峠TTの誘惑にかられるが、冷静に御殿場を左折し伊豆に向かう。が、蒸し暑く低い雲が立ち込めポツリと雨も降っている。
道も悪くどうもテンションがあがらない。裾野とか三島とかすぐ着くと思ってたのに、意外に遠い。
f:id:Rupin:20130816135557j:plain
テンションが上昇したのは、天候も戻って、伊豆半島に入ったあたり。大仁大橋と川と朝日に照らされたのどかな山並みは美しい。

冷川峠 2.4km 6.1% 8m36s

f:id:Rupin:20130816140347j:plain

修善寺辺りで左折し伊豆半島を横断しにかかる。緩やかな登りと平坦路の繰り返し。ミニストップで休憩後、最初の本格的な登りの冷川峠にアタック開始。

完全に林の中で涼しいのは助かった。

伊東まで一気にダウンヒルすると、海水浴モードだ。
f:id:Rupin:20130816140645j:plain
f:id:Rupin:20130816140709j:plain

熱海から箱根までは、激坂を楽しむ。
というか、距離も良くわからないので、流し。時折ダンシングを混ぜて。
西熱海GCまで来ると熱海峠。
f:id:Rupin:20130816165553j:plain
ここから、箱根峠までは序盤の急斜面をクリアすれば、雄大な尾根づたいの快適なクルージング。アウターでガンガン回す。元箱根までは10km程度だ。
この辺りの伊豆半島の根元辺りの有料道路も走れたら最高なんだが。もちろんお金は払う前提ですが。
f:id:Rupin:20130816165453j:plain
箱根峠 道の駅

12:30過ぎに仙石原到着。
いいトレーニングになった。