Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

美瑛周遊&旭岳温泉

北海道サイクリング#2 美瑛周回&旭岳温泉ヒルクライム 104km

f:id:Rupin:20170930183711p:image

4:30起床してから、ワンワンを散歩。

速攻準備して5:00には出発。5:40に着いて自転車預けてラウンジでのんびりしてたら、搭乗口が余りに遠くて焦る。55番てなんでよーと思ったが、AirDoとの共同運航なので納得。

今回のアレンジをしてくれたM君と合流して8:20には旭川空港へ降り立つ。

f:id:Rupin:20170930184122j:image

気温は9℃。北海道の寒さを舐めていたわけでは無いが、グローブを忘れた。ウェアは36℃の長袖ジャージとRaphaの耐水ショートビブ(shadow)と耐水風ジャケット(race cape)を背中に突っ込んで走る。

9:00に出発。道がかなりややこしいので全てお任せで、金魚の糞のようにあとを付く。

空港から15分も走ると素晴らしい、雄大な景色が広がる。心配してた雨も大丈夫そう。

f:id:Rupin:20170930185447j:image

 時々、道を間違って寄り道するのもご愛嬌で、全く急ぐライドじゃないので、気楽に写真撮ったりしながらゆったり走る。

100kmで1600m程度登るが、9:00-16:00でたっぷり7時間使えるので、昼飯で1時間。レストも合計1時間取って時速20km/hアベでいい。

f:id:Rupin:20170930235530j:image

北海道でライドする特典は、先ずは景色が雄大でここにしか無い景色が楽しめる。それと、車や人が少なく走りやすい。

何故か向い風に長い事苦しめられたが、時には直線道路で追い風基調でぶっ飛ばす。滑走路でも充分使えそうだ。

f:id:Rupin:20171001050242j:image

12時頃にたまたま遭遇した美瑛のレストランで美味しいビーフカレーを食べて、しっかり休んでから、メインの旭岳に向かう。ゆっくり走っていたが、風の影響で地味に削られて前に進まない。

若干の登りということもあるかも知れない。

とにかくゆっくりゆっくり。

登りのアプローチで湧水を汲んで小休止。

f:id:Rupin:20171001000028j:image

管理人のおじさんによれば、紅葉は既に下の方に降りて来てるとか。日本一早い紅葉のスポットとして、ここ数日テレビでも取り上げていたが、今日は旭岳は雪。上空は鉛色の雲が席巻して小粒の雨が路面を濡らしている。

ここから、10kmのヒルクライム。気温は徐々に下がっており、旭岳ロープウェイ乗場のゴール地点ではガーミンは2℃を指していたが、恐らくは5℃位。

この季節の北海道は侮る無かれ。

始めは8%程度のきつめの勾配だが、今日は一つだけ絶対に守るルールとして、アウター縛り。斜度は時々8-9%をさす時も有ったが、基本的に緩斜面で走りやすい事この上無い。

時々ダンシングをしつつ、ゴールした時は既に夕暮れだった。

f:id:Rupin:20171001044815j:image

近場にあるホテルで温泉に浸かり、プシュッとやってから路線バスで空港まで1時間かけて下る。バスは結構な人だった。

f:id:Rupin:20171001051037j:image

 空港でお土産買って、ソフトクリーム食べてから帰る。運航が30分遅れで23時頃に帰宅。

今回はとにかくロジを完璧に組んでくれたM君に感謝。飛行機輪行日帰りロングで最後に温泉して帰れるというツアーを考えたら日本一なんじゃないかな。

帰って、ワンワン散歩してから、録画したチャリダー見る。

実験コーナーでは、私の応募が当たってでアルミ貼った自転車が速いか試して頂いたが、樹脂パーツに帯電する車と違いロードバイクは効果がない事が解った。そうなんですね。有難うございます。