Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

Zwiftトレーニングの日常

f:id:Rupin:20180130075947j:image

先週の雪で路肩が凍結した為、通勤は封印し朝ローラーが定着してきた。本当はもう少し早く始動したい気持ちも有るが、もろもろの事情もあって6:00過ぎに漕ぎ始めて30-40分乗る。

毎朝5:30に起床して直ぐに犬の散歩を15分。5:45から6:00にかけてセットアップ。バームの粉を入れたドリンクを作り、zwiftを起動して、メニューを決めてコースを決める。バイクをセットして、パソコンやプロジェクターを接続して、着替えてこれで6:00。

家族の目覚ましが6:00になって、おはよう😃と挨拶したら、シューズを履いてスタートだ。

メニューについては、ほとんどは60分強有るので、途中で終わるパターンが多い。残糞感あるけど、余り気にしてもしょうがない。単に、飽きない為の仕掛けで、インターバル云々という状況では無い。

最近、WIFI環境の調子が悪くて一人で走ってたり、データがアップロード出来なかったりするが、ローラーの位置どりの関係でどうしようもない。

しかし、プロジェクター導入後確実にリアル感出て面白くなってきたし、サイコンの上でamazon prime videoでコンテンツ観るのも、暇つぶしには最高である。

ここ数日のzwiftのお供は、数年前に話題になったビリギャルである。コーチングとか親子とか色々と考えさせられるが、純粋に泣ける。

ローラーで吹き出し垂れ流れる汗と映画から来る涙があい混ぜになって、恐らく全く知らない人がこの姿を見たら、しばし凝固してしまうだろうなと想像してしまう。完全にキモいオヤジである。

本当は、帰ってもzwiftやりたいのだが、ほとんど毎日飲み会なのと、家族の寝室と化して子供達が寝てるので難しい。そろそろ、子供達は子ども部屋で寝かせるよう上手く誘導していこうか思案中。