Rupinのランとロードバイクのブログ

マラソンでサブ3を目指す元チャリダーのブログ

RunField 夏合宿1日目

RunField 夏合宿 初日 クロカン走 28km

f:id:Rupin:20190721054337j:image

伊豆稲取で1泊2日で開催される夏合宿に参加。「この歳で合宿って学生だっけ?」という家族の半ば呆れた顔を背中にしつつ、踊り子で現地へ。

14時頃から初日の部がスタートする。

クロカンコース(3km)をアップで一周。その後ひたすらに2時間走。

f:id:Rupin:20190721054901j:image

f:id:Rupin:20190721054911j:image

かなりのアップダウンのあるクロカンコースで、獲得標高は500mオーバー。着地に失敗すると、足首を捻ってしまう。

小幡コーチとM君と3人でパックを組む。キロ6から入って徐々にビルドアップしていく感じで行けたら行きましょうという感じでスタート。

1周だいたい15分程度かかる感じなので、できても8周程度。不整地を本格的に走るのは初めてなので、とにかく慎重に走る。基本アップダウンしか無いのと、一箇所激坂の難所が200m続くレイアウト。途中絶景ポイントが有って、一瞬のオアシス。

f:id:Rupin:20190721084113j:image

地面からの反発を貰えないので、着地を真下にする様に走る様にコーチからアドバイスを貰いながら。

最初は6’00’’弱のペースで余裕を持ちながら走ったが、徐々にペースを上げて行き、10kmを過ぎて5’15’’辺りで巡行するのも徐々にキツくなってくる。

2周ごとにスタート地点に戻って、水分補給。最後の2周6kmはキロ5まで上げましょうと言いつつ、1周目で一杯一杯になり、最終周回は登りでパックから遅れて、激坂終了時点で50m程先行を許すが最後のフラットで徐々に詰めて最後ラストスパートで追いついてなんとか8周走って終了。

不整地走は反発が無い分、関節には優しいがスピードは遅くなる。自転車でもロードとマウンテンバイクでは色々とシナジーが有ると言われるが、ランもエコノミーを高める為に不整地走で距離を踏むのも意義があると思われる。

夜は宴会やって23:30に就寝。コテージ大部屋でおっさんが8人くらい寝たが、イビキ競争に完勝して1分で熟睡。おっさん合宿良いもんだ。