Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

袖ヶ浦エンデューロ

f:id:Rupin:20161218215218j:image

袖ヶ浦エンデューロ フルマラソンクラス14位 42.195km 1:00:10 トップ+7秒 219w NP260w 

ケニーさんに誘われて先月末にエントリー。

その後、風邪引いてなかなか治らんのにディールが有って全く休めずに、ほとんど毎日の様にお客さんとのディナーとか飲み会とか忘年会とか入っていたので、当然の事ながら、自転車のモチベーションは上がる事なく今日を迎える。

朝から寝坊して集合を30分遅らせて貰う。

7:00にケニー宅でアクアラインは大渋滞。

それでも、9:00前には着いてた。

結構近い。コースが良ければ気軽に行ける距離。

気温は5℃位だったが、陽が暖かい。これは半袖ジャージでも行けるんでは無いかと言うほどどんどん気温が上がる。

アップはコースで5周程。調子は現在の自分のコンディションを知る目的。まあ、こんなもんでしょう。

 

42.195kmスタートは100人位で、別のスタート位置からリアルスタート。100kmと160kmの人たちはローリングスタート。1km手前からスタートしたが、1周半で追いついて、200人を上回る大集団。誰がどのクラスなのか?3つのクラスが混在。

 

ペースが緩むと前に上がっても被されて落ちていく。左端から上がっては被されるを繰り返す。マトリックスが、コントロールしてるが結構抑えめ。このコースは上がれるタイミングは登りで、左サイドからが基本形。

 

時折キツイ感じで心拍が160台の前半まで行って、先頭が徐々に遠く見える気がしたのは気のせいか。

 

取り敢えず、最後まで先頭集団に残る事を目標とする。ペースが途中上がって一列棒状になるが、スタート地点の緩やかな登りで追いついて休むを繰り返す。

 

残り3周位で気分を変えて、インサイドから抜きに上がる。しかし、これは大失敗で結局大減速して残り1周で左に戻った時は致命的なまでに落とされて、もはや先頭に上がるパワーが無い状態。

 

先頭はその様な動きをしているのだろうか?全く見えない位置にまで落ちて、ケニーさんの背中を見ながら流してゴール。もはや、自分がどの程度のポジションなのか全くわからない状態で、20-30位位かと思ったが、意外に多くが先頭集団からいつの間に千切れてたらしく、ラップで見ると、自分がほとんど最後尾だったらしい。

 

被されても落ちない技術を身につけなくては。

今日は落車せず最低目標は達成。まあまあでしょう。