読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

カイワレーシング#3-5

f:id:Rupin:20170414165944j:image

外向が強い
懐が浅い
腰を前に落としてクロスオーバーのイメージ
お尻が落ちてる
目線で次のポール次のポールに落としてあげる。→目線を前にできない。次のポールしか見えていない。
身体をポールラインの内側に、フォールラインへ落とす。
切り替えで上体が遅れてるのでもう少し前に被せてから切り替えるともっと楽に捕まえられると思う。
速く滑るという意識よりしっかり上半身を遅れないように被せてターンを作るイメージで。

ビデオ

手の位置が低いのでポールの横でも手を高く上げるように。

腕で上半身が押しつぶされてて抜けない。
前半優しく乗ってターンにリズムを作ってあげる。

力を加えようとすると遅れるので、体重を乗せていく。膝と足首を使って。

板の流れが一気に変わらないように。
特に前半は柔らかく。

内手が引けて遅れる。

上半身は被せて動かないように一回意識。
走らせる方向に抜いてあげる。
フォールラインとスキーの向かいたい方向の間位。

頭が中心から外れない様にすると速い動きにも対応できる様になる。頭を動かさずに下半身だけ動かすイメージ。

手が引けると頭が動くので反応が遅れる。

懐が浅い。
もう少し前に乗る

ポジションはだいぶ良くなった。
上半身に力が入りすぎ。
楽に行きましょう。
上半身に力が入ると体重がうまく乗らない。
上腕を楽にして柔らかく板に体重を乗せてあげましょう。

ポールに入る動きはいい。
一瞬ロックするので、柔らかく動きながらポールを越えて行くイメージで。