Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

川崎マリンエンデューロ 3時間ソロ

f:id:Rupin:20181014210900j:image

川崎マリンED 3時間ソロ 101km 33.4km/h

1ヶ月以上自転車に乗ることなく、走ると恐ろしく弱くなってる。当たり前だが、想定以上に弱い。100km走って平均33km/hって、茂木で初心者クラスに出た頃のアベレージスピードである。

最初の1時間半は第3集団位で、37km/h平均で頑張っていたが、先頭集団にパスされた時点で、集団が崩壊して、その先は気持ちも切れて25km/h位で流して早く頃合いの集団が来るのを待つ。

なかなか美味い集団がいないので、しばらく単独走。辛い。水分も足りず、ボトルを補給しに一回ピットインしようかなと思うほど。

最後は集団走に混ぜて貰って、何とかゴール。昨日の10km皇居ランに比べてかなりのレベルでボロボロにさせて頂きました。

これは沖縄完走も黄色信号レベルだな。

 

鹿児島ライド95km

f:id:Rupin:20180901143730j:image

鹿児島ライド 鹿児島空港知覧特攻平和会館→枕崎95km

かねてから一度は訪れてみたかったのが、知覧特攻会館。「君たちが生きている今日は、散った戦友が生きたかった未来だ」という名言が有ったが、弱冠20歳そこそこの青年が、死に向き合ってどの様に振る舞い、最期を遂げたのか?日本人なら知っておかなければならない事だと思う。

鹿児島は過去に仕事で一度だけ訪問した事が有るが、それこそ半日やそこらで帰ったので、ほとんど印象に残っていない。

前日に準備は全て完了させておく。5:00には出発。いつもの駐車場がすでに満車だったのは驚いたが、奥の方に何とか滑り込む。

飛行機の機材が新しくモニターが付いていたので暇つぶしにはなった。快適な空の旅はあっという間に終わって、8:30頃には到着。準備して9:00には空港を出発。

路面はウェットだが、雨はまだ降っていないか微妙な霧雨。

ガーミンを持って来ていないので、内陸ルートは断念して海沿いを走る。

桜島は噴煙が上がっているのか?分からず。

f:id:Rupin:20180901152757j:image

南下するにしたがって小雨がパラついてくるが非常に気持ちがいい。しかしながら、海沿いを走る国道10号の交通量の多さには閉口した。

f:id:Rupin:20180901152707j:image

尚古集成館なる、島津家の知の殿堂を通過。西郷どん島津斉彬公が研究に没頭してるシーンが有ったが、ここで撮影したのかしら。

鹿児島の街並みを通過して一路薩摩半島を南に下る。ここで不穏な雨雲が前方に。バケツをひっくり返した様な土砂降り。一旦コインランドリーで雨宿り。

f:id:Rupin:20180901153520j:image

鹿児島あるある。鹿児島はまず信号がなかなか変わらない。長い。そして、コインランドリーがやたら多い。コンビニも多い。店員と地元のおっちゃんやおばちゃんが仲良い。

雷が結構鳴っているので、30分弱休む。

ちょっと走って、平川という所から300m程度の登り。

f:id:Rupin:20180901153910j:image

知覧に向けて、雨がなかなか止まない。英霊の涙が薩摩の夏の空を湿らせているのだろうか。12:00キッカリに今日の最大の目的地の知覧特攻平和会館に到着。

f:id:Rupin:20180901154108j:image

ガイドを借りて、じっくりと1時間見て回る。ここのハイライトは何と言っても遺書と絶筆である。大体同じような内容だと想像したが、こんなにも色々とバラエティに富んだ内容だったのか!と驚愕。その場で暫し動けない。強かったり弱かったり、平静を装う人や動揺を隠せない人。色々といたんだなあ、という事だ。大凡、我々の様な環境で育った日本人には想像ができないが、果たして死を目前にして、この様な文を書けるだろうか?

f:id:Rupin:20180901155001j:image

文章が美しく格が高い。いつも思うが何故日本人は国語力がここまで落ちたのだろうか?そして字がきれい。力強い。

記念館を出ると、雨が止み日がさしてきた。

f:id:Rupin:20180901184824j:image

知覧から枕崎まで行く道すがら、開聞岳が美しく左手に覗いている。この辺りは、南九州という感じで本当に景色が良い。軽いアップダウンを経て、14:00には枕崎に到着する。

f:id:Rupin:20180901184854j:image

温泉に入ろうと物色するも、バス停近場にいい風呂屋無し。14:30にはバスに乗って空港へ。

相当早く着いたので、空港近くの散髪屋で散髪して貰って空港でシャワー浴びて、のんびり。

今日はかなりゆっくり走ったので、明日に疲労を残していない。いよいよランを開始するかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

全日本サイクリング乗鞍2018

f:id:Rupin:20180826215647j:image

全日本サイクリング乗鞍 Dクラス 1時間28分9秒 NP237w

2年ぶりに乗鞍に出場。試走のタイムを10分縮めたが、2016年のベストタイム+5分。

土曜日の朝7:30に目黒に集合して4人+4台体制。中央道の大渋滞にしっかりハマる。これだと次回はあえてゆっくりと昼前に出て16時位に着く感じでもいいかもしれない。

受付して、出店を物色。かなり賑やかな感じ。LOOKのライトウェイトジャージを半額に惹かれて、色々と悩んだ挙句購入してしまう。

今回は、試走のペースから考えると1時間半を切る事が現実的に行けるギリギリと考えているので、あまりストイックにならず。前日はリラックスしつつ、適度にビールと焼酎を飲む。

宿は安定の高嶺荘。外装はいつ崩れてもいい程にボロいが、中はリフォームがなされてるし、飯は美味いし、何と言っても風呂が最高の宿。朝ごはんは5:00。6:00に宿を出て、6:30に荷物を預けて、アミノバイタル貰って一旦宿に帰還。D1のスタートは8:00なので1時間半も有るので、軽量化もすぐできるし、宿に戻るのがリラックスできるし定番。

スタートまでの坂道の走りで、今日のコンディションがクソで有ることを伝えてくれる。気持ち的に攻めるメンタルにいない。

スタートは後方から。ゆっくり。

それでも、結構抜かれる。

CP1まで抑えて走るつもりだったが、呼吸が最初から苦しく息が常に上がっている。CP1を過ぎて、スキー場のリフト乗り場辺りで少し休みながら、息を整える。

ちょっと楽になってきた。

前方にチャリダーのうじき氏。応援したら、こっちも気合が入って、300w。九十九折の直前にまた疲労困憊。ここから全く踏めなくなる。

冷泉小屋のCP2までが永遠に続くかのように遠い。森林限界を超えて想定以上に斜度がキツイ。ここからギアを上げていこうと気合を入れたいが、ただひたすらに耐えるだけ。残り3kmで1時間13分台。1km5分で走れば15分で目標の30分を切れる。自分のランと同じくらいか。乗鞍最後の3kmは自分のランとの勝負。30分を切れるかどうか残り2kmでちょうど18分。残り1kmの標識を確認出来ず、あとはベストを尽くすのみ。大雪渓からゴールまではベストタイムが出た。最後は出し切ってゴール。

f:id:Rupin:20180826231936j:image
f:id:Rupin:20180826231933j:image
f:id:Rupin:20180826231929j:image
f:id:Rupin:20180826231940j:image

帰りの車の中でフルマラソン(横浜)のオファーが。特に深く考えずにオッケーしたが、やれるだけやってみよう。

 

 

 

 

尾根幹

連光寺→尾根幹→小山田 50km 2時間 TSS116

f:id:Rupin:20180819223409j:image

昨日は20時には寝て6時半起床。昨晩体調不良だったが、スッキリ。午前中はのんびり洗車などをして過ごす。

昼前から実家近くまで行って梨狩り。イチゴやらりんごなど数あれど、市販の物とのギャップがあまり無いのが梨。説。

神戸屋でガッツリランチを食ってカロリー消費のために、2時間ほど尾根幹をポタしに行く。

多摩沿線から連光寺坂を登って尾根幹に入り、小山田周回を少しなぞって日大三高坂を登って下ってから右折して鶴川街道を帰る50kmコース。

連光寺だけは頑張る。スタートはやや緩めにスタートしたのでベストにはほど遠いが、中盤から最後まで垂れずに25km/h平均はクリア。

あとはケイデンス100を目標にペダリング意識して走る。200w行かないけど十分辛い。150回転を越えれば、臀部が跳ねる。まだまだ。

途中、日大三高坂で超強烈なお兄さんに遭遇。あの激坂でグングン進んで行く。

最後の鶴川街道は以前落車した鬼門。今回も湘南ナンバーのヤンキーワンボックスに幅寄せで嫌がらせをされたので、危うきに近寄らず作戦で、しばらく視界に入る状況で離れて走る。川崎街道でバイバイしてホッとする。

来週末は乗鞍。超重量級。先々週の試走で1時間38分。1時間半を切るのが現実的目標。

 

ヤビツ往復120km

f:id:Rupin:20180818175427j:image

ヤビツ往復120km 4h30m TSS261

今日は昨日はスルーしたヤビツへ。朝5時に出発して名古木セブン7時待ち合わせへ間に合うように出発。途中若手期待のトライアスリートのM下君から8時になるとの連絡あったので、6:45に着いたらそのままノーレストで登り始める。

スタートからどうも力が入らない。折角ヤビツ来たのに、テンションが上がらない。悪いなりに頑張るが、一度切れた気持ちは如何ともしがたい。

ラスト1kmくらいでいいペースの方にパスされたのでついて行く。

f:id:Rupin:20180819115110j:image

朝早すぎて、自動販売機がまだ開いておらず。

頑張んないで走ったせいか、帰路は元気。

途中有り得ないトレーラーの横転事故を目撃。なぜこうなっちゃうんだろう?

f:id:Rupin:20180819115801j:image

10:30前に帰ったら、昼から家族サービス系。

アミューズメントで大混雑な状況で立ちっぱなし。相当ハードだったようで、夜になって頭痛や吐き気などに襲われる。CWS走行会に行きたかったが断念。20時には寝た。

 

 

 

箱根合宿最終日 自走帰宅

箱根→二子玉川自走100km

f:id:Rupin:20180817202851j:image

8時に仙石原出発。金時隧道を抜けて松田に降りる予定だったが、箱根裏街道から金時隧道までの道が通行止めだったが、いけるところまで行く予定。が、運悪く道路整備局のおじさんがゲートで作業をしている。そのまま乙女峠まで行って、御殿場から小山に抜ける。

松田までは快調で、35km/h平均。

R246に入ってからは、爆風に押し戻される感覚。1時間走って渋沢で休憩。登りはとにかく垂れずに走る。厚木を超えた辺りで2度目の休憩。カラッとしてて気温は30度台だが、風も強いし涼しい感じ。

家族から急遽二子玉川でランチを食う事になったので合流するか打診あり、箱根から向かう家族との追いかけっこスタート。

残り25kmを1時間で走って、11:30に到着。

 

LOOK785 HUEZ RS

このバイクはSRAMのetapで組んだので全部自分で組んだ。久しぶりに組んだので、正直不安がいっぱいである。

ポジション的には、Mフレーム(540)に飽きてフレームサイズをLにした。巡航した時に背中がフラットになる姿勢が取りたい。スキーのクローチングスタイルが理想。他のバイクがM(550)なのにこのバイクはトップチューブが573mm有る上、120mmのステムとシートも後退幅をセンターから2cm出している。

走り始めはハンドルが随分遠い印象だったが、すぐに慣れた。しかしサドル高がきつい特徴の膝に違和感を感じて、サドルは2cm下げる。これで違和感かなり消えた。

あとは、実はずっと激しいストレスだったのが、バンプでの音なり。ヘッドセット周りでは無い事は確認出来ていたが、犯人はリアブレーキのトップチューブ内の取り回し間違い。

ヘッドチューブからフレーム内に入れてトップチューブから外に出すのだが、ワイヤケーブルをそのままフレームに入れていたので、振動でケーブルとフレームが干渉して、かちゃかちゃ鳴るという始末。

自宅に戻って、早速ブレーキワイヤー周りを整備。フレーム内はケーブル不要。ブレーキワイヤーが短く使えないので、GLOVEに速攻買いに行くなどの回り道もしつつ、無事にワイヤー処理を完了。

f:id:Rupin:20180817205642j:imagef:id:Rupin:20180817205647j:image

これで完全に音なりが消滅。変速も完璧でヒルクライムのエースバイクに昇格決定かな。

 

箱根合宿Day5 ランチライド&アスレチック

f:id:Rupin:20180815213521j:image

湖尻往復13km30分TSS50

今日は雨で朝は全く動けず。昼過ぎに止んで湖尻まで昼飯を食べに行く。仙石原から芦ノ湖まで往復するだけで、234m登れる。

上半身との連動ダンシングの練習を含めて、8分だけ300wで頑張る。

午後は御殿場で子供達のアスレチックのお供。

明日は天気次第だが、時間を貰っているので、ロングに行きたい所。富士山一周か伊豆半島の何れかで悩み中。

 

 

箱根合宿Day4 乙女峠2本と水泳

f:id:Rupin:20180814213018j:image

乙女峠リピートと水泳 

朝飯食べてから、水泳までの1時間半を活用して乙女峠を一本。入りはゆっくり。高回転で腹圧を意識して強く息を吐きながら走る。途中でキツくてやめちゃったが、NP260wくらいで20:46。追い込まずに走るつもりだったが、後半は結構頑張る。

そのあと籠坂峠の方向に少し登ってから、プールへ移動。子供達の面倒を見つつも、時々クロールや平泳ぎで泳いでみる。わずか25mだが、結構頑張るとかなり心拍が上がる。速い人を見るけど何が違うのか全くわからん。

帰りに、乙女峠をもう一本。山登りに徐々に体を慣らしている段階。徐々に疲労が積み重なってるので、明日は軽めでいいかな。

箱根合宿Day3 GOLF

f:id:Rupin:20180813170225j:image

箱根合宿Day3 富士御殿場GC46/44

毎年恒例の家族ゴルフ。結果は安定の90。ボギーペースは自分にとってのパープレイ。

午前中はティーショットが全てボロボロ。フェアウェイキープ率0%でてんぷら一発のみ。基本セカンドでリカバリーして3オン2パットのボギーで耐え忍ぶ展開。5番で林からの脱出に手こずってダブルパー。キレそうになるのを耐えて、後半パーも取って、何とか46で終了。因みに義理の弟は7番までパープレイ。最後に大崩して、それでも41で折り返す。家族でスクラッチ勝負してるので、真面目にやってるのだが、半ば諦めつつ後半へ。

自分ではマン振りしてるつもり全く無いが、かなり気合を入れて振ってる様に見えているらしく、じゃあ、「フェードで行きます」と宣言。

ゴルフの不思議な所は、自分でフェードで行きますと言ってイメージが上手く頭で再現できる感じになったら、急に自信が出てくる所。

軽く振り抜くイメージでアウトサイドのテークバックを上げてアウトサイドインで今日のベストショット。セカンドはグリーン脇で寄せられずに2パットのボギースタート。ティショットがいいとアプローチとパターが冴えないループ。それでも、ティショットがはるかに安定して、上がりのロングはパーで機嫌よく終了。

肝心の自転車活動は、朝は疲れて乗れず、ゴルフ終わったら乗るつもりが大雨で乗れず。。

なお、明日はプール練予定。

 

 

箱根合宿Day2 乙女峠&テニス2時間

f:id:Rupin:20180813165001j:image

乙女峠31km TSS81 Tennis2時間

午前中9:00-11:00でテニス。

それまでの1時間を上手く活用して乙女峠を1本。最初の激坂から深沢東の交差点まで280w以上で頑張って、しばらく休む。200w程度でラスト1kmまで走って、上げながら終了。乙女峠21:19はベスト対比3分弱遅い。それでもNP250wくらいあるので、更に重たくなったか相当効率が悪い走り方だったんだろう。

テニスは子供のレッスンが半分、自分のテニスが半分。義理の弟が上手いので、胸を借りる感じで気合を入れて打ち込むが、全然歯が立たない。両手バックハンドを教えて貰う。

昼飯食ってもう一本乙女峠いくつもりだったが、雷と豪雨で全く走る気力無くす。今年のお盆休みは、異常に大気が不安定で、そこら中で雷雲が発生している。ずぶ濡れになるのは覚悟な上だが、雷はどうしようもない。

箱根合宿Day1 御殿場自走

f:id:Rupin:20180811170201j:image

御殿場自走 100km TSS200 LOOK785 HUEZ-RS シェイクダウン

5月にスイスのサイトでポチったLOOKの高評価フレームが7月下旬にようやく届いたので、C59をバラして、SRAMeTapで自分で組む。

色々と試行錯誤したが、問題なく走れるレベルまで調整ができたので、夏の箱根合宿に持ち込むバイクに決定。

金曜日は大阪で野球見て、ドンチャン騒ぎ。

f:id:Rupin:20180811171947j:image

朝イチの飛行機で羽田帰って来て、自宅へ戻って色々と準備して10:30に箱根に向けてスタート。とにかく暑いので、水分と休憩を沢山取る作戦。

LOOKはサイズがLで懐が大きく作れるので、上体を起こしても被せても、膝が高く上げられる。上腕を絞りつつ体幹や腹圧を意識して丁寧に走る。しばらく身体に染み込ませるまでやってみようか。

それにしても、渋滞が相当酷いので、神経を使う。愛甲石田のモスで休憩。かなり長時間待たされるが、休憩を確り取るのが重要。

f:id:Rupin:20180811173051j:image

食い過ぎの感。

雲行きが怪しいと思ったが、意外に直ぐに降り始める。善波峠辺りから渋沢辺りまでザーザー振りで、恵の雨。

小山でコンビニ休憩して御殿場まで登る。トータルで1000m弱登るのと暑さでヘロヘロになって、最後はフォームも維持できない程垂れた。

f:id:Rupin:20180811174751j:image

コンスタントに乗れて無かったので、最初はこんなもんで、この合宿でとにかく毎日乗って、徐々に慣らして行くしかない。

明日はテニスなので、早朝乙女峠リピートの予定。

 

 

乗鞍試走

f:id:Rupin:20180805065324j:image

乗鞍試走

前回北海道に一緒に行ったメンバーで約1日半の乗鞍試走弾丸ツアー。金曜日23時に出発して、塩尻北IC近くの温泉ランドへ2:30頃到着。

仮眠室は一杯だったので、一部屋確保。風呂入って居酒屋でビール飲んで、4:00頃に就寝。

8:00に出発してコンビニで飯食って、乗鞍に9:30頃到着。既に観光センターの駐車場は埋まっている程に混んでいる。

早速セットアップして久しぶりの乗鞍を登り始める。ゆっくりと100w台でパックを組んで国民休暇村まで。

最若手の坂大好きイケメン君が、休むダンシングなるものを教えてくれる。前方に体重を移動させて、ハンドルに膝をぶつけるように。ギアを変えずに走るとケイデンスが上がるので、必然的に呼吸が乱れる。

「これって休めてねえぞ?」

「いや脚は温存できてますから」

彼はそのままグイグイ先に行ってしまった。

今日はゆっくりと登るがテーマなのだが、いつのまにかキツイ。心拍は150-160台を常に表示して平均150拍。

今日は結構速い人も試走に来てるダロウなと想像したが、案の定、有名人がいた!3本行っていたので、流石だなと。

結構コースは忘れているもんで、特に、三本滝レストハウスから九十九折のあたりとか、冷泉小屋から先は結構抜けていた。

天気も良く畳平は寒いくらい。

f:id:Rupin:20180805071807j:image

f:id:Rupin:20180805071818j:image

一回下って三本滝(330m)までお代わりして13:00に終了。風呂入って飯食って大渋滞にはまって19:30頃東京着。

焼肉食って解散。

やっぱり乗鞍っていいコースだった。

 

 

 

 

都内周回

f:id:Rupin:20180730223256j:image

都内周回80km

嫁実家で自由時間を貰えたので、真っ先に頭で企画したライド案は東京湾一周ライド。

4時に起きて4時半に出発すべくアラーム設定したものの、外は激しく雨が降っている。ちょっとすれば止む感じだが、心が折れて二度寝

6時に起きて強引に出る。

この時間だと、帰りがかなり門限破り過ぎ男なので、ワン一は清く諦めて、6:40頃皇居へ向かう。小雨が降っている上路面は相当濡れた状況。そう簡単に乾かない感じ。

とりあえず皇居を走り始める。パックが出来るまでのんびり入る。しかしながら、この雨の影響で全然まともな自転車乗りがいない。

4周目にいいペースのお兄さん。付き位置に入って先頭交代出来る自信無しなので、10mくらい離れて追走。トータル6周ほど走ってから半蔵門を右折して、迎賓館から神宮外苑ヘ移動する。

超久しぶりに外苑周回スタート。

誰も走っていない。

ポジションとかペダリングを意識しつつ、200w程度で巡航。高校野球の東京都予選決勝があるせいか、やたらと人が多くなってきた。

ペース走レベルでずっとと走り続けて外苑周回を1時間くらい。そこから、皇居に戻って暴走集団の後ろでヒラヒラ2周して終了。

9:00でもう暑い。早々に逃げるが勝ち。80km程で練習完了。追い込んでいないので、調子が解らず。それにしても、今年の夏は異常な暑さ。

バイクはダンシングでイマイチ上手く進められない感触。まだこれからだな。

 

 

 

 

Pinarello F10 導入

f:id:Rupin:20180724084151j:image

3シーズンぶりに新車を導入。ブエルタカラーのF10に一目惚れ。シマノのパワーメーターや9100コンポを掻き集めて、地元のショップで組んでもらった。

かなり昔にフィッティングしたデータが有ったので、その通りにセットして貰ったため、乗り出しから全く違和感無し。

しかしNP200w超えにも関わらず、平均スピードがどうも遅い。到着して良く確認したら、リアのブレーキシューが当たっていたというオチ。

ちなみにこのフレームの特性については通勤しただけでは全くわからない。徐々に特徴を捉えていけるように走りこんで行こう。

重要級ゆえ、スプリントは一応1000wは出たようなので、一安心。北海道で3回もがいて、ちょっとだけもがき方を思い出した感。

 

帯広-ナイタイ高原往復160km

TIW宮田さんプロデュース 北海道日帰り弾丸ツアー 帯広-ナイタイ高原往復160km

f:id:Rupin:20180721190524j:image

毎年恒例になりつつある飛行機輪行日帰りロング企画。別名大人の遠足ライド。昨年は釧路湿原から阿寒湖、更に旭川空港から富良野と旭岳温泉と2回やったが、毎回最高のロジで完璧に楽しめる。

今回も、当日まで根室に行くと信じて疑わない程に完全にお任せ状態。金魚の糞のようにただ着いて行くだけ。

今回は若手のトライアスリート君と去年から一緒に何度も行ってるヤターベルも一緒で4人のパック。このメンバで再来週も乗鞍に試走に行く予定。

6:50頃の便で一路帯広へ。安定のペラ一輪行袋。サクッと組んで、9:30頃に走り始める。

f:id:Rupin:20180721231712j:image

意外に北海道でも蒸し暑い。ニセコの時に比べて全然違う印象。雲が多いが、時折陽が差すとかなり暑い。水分をしっかりと取って走る。

それにしても景色が北海道している。

ポプラ並木と広い道路。じゃがいも畑や小麦畑が延々と続く景色。イメージ通りの世界だ。

f:id:Rupin:20180721231457j:image

スタートして直ぐに廃線となったが名物駅の幸福駅と愛国駅にワンタッチ。

f:id:Rupin:20180721231626j:image
f:id:Rupin:20180721231622j:image

帯広市内を抜けて、北上すると再び北海道が満喫できる雄大な景色。

f:id:Rupin:20180722063235j:image
f:id:Rupin:20180722063228j:image
f:id:Rupin:20180722063223j:image
f:id:Rupin:20180722063231j:image

グラベルも楽しめた。

あと北海道サイクリングが秀逸なのは、農道や支道などが張り巡らされており、数キロに亘り誰もいない直線道路が走れるところ。

車が脇を走るストレスも無く、スプリントも思う存分練習できる。

ランチは地元のイタリアンで。

f:id:Rupin:20180722063728j:image

そして、本日最大のイベントであるナイタイ高原へ。はじめは勢いよく入ったが、5分を過ぎて盛大に垂れた。

f:id:Rupin:20180722064032j:image
f:id:Rupin:20180722064028j:image

無事怪我も事故も無く、160km走破して、相変わらず日帰りで帰宅。