Rupinのロードバイクブログ

ツール・ド・おきなわ市民210km完走を目指すチャリ・バンカーのブログ

境川CR〜江ノ島〜環2 94km

週末ロング94km 境川CRから湘南周回

f:id:Rupin:20180114223334j:image

昨日はゴルフでTSS100は消費した事にして、8時に就寝。チャリの蓄積疲労が一気に押し寄せて、睡魔に勝てず。

朝は、犬の散歩で7時過ぎに着替えて外へ。11:30には戻れるコースで100km 程稼ぎたいので、江ノ島へ行くことに。

R246から境川CRに入って、南下。

f:id:Rupin:20180115123811j:image

追い風基調のはずだが、スピードに乗れずに平均27km/h程で巡航。厚手の靴下でシューズカバー無しで強行したが、足の指先が痛すぎて後悔。手袋もDefeetの軍手でこちらは足よりはマシ。

藤沢辺りでようやく足先の痛みも収まる。

ここから、鎌倉まではいいペースのカップルにちょいと離れてペースメイクして貰う。女性の方が素晴らしいフォームで高速巡航。

いつものゆうき食堂ルートから逗子を抜けて、池子からR16へ。超絶向かい風で、一気に平均速度が落ちて行く。

環状2号で一回レストしておにぎり2個補給してから、少し頑張り登りでは体感300wを維持しながらのダンシング。影を見るに腰が落ちているので、極力腰の位置を上げて走るように意識。

100kmには満たずも、いい感じに疲労して11:30には家に到着。

今はあまり無理せずに体重を落とす時期に決めて脂肪を燃焼させるように意識しつつ、乗る時間を確保していきたい。

 

2018初Golf

f:id:Rupin:20180113193853j:image

桜ヶ丘カントリー倶楽部 44-45

ロードバイク乗りの多摩地区の練習の聖地と言われた、連光寺連光寺坂上に有る京王系列のゴルフ場で今年初打ち。

メンバーは10年以上前からの仲良い先輩たち。

バイクを持って来て練習するか真剣に悩むも、子供がインフルになったなどの対応等でそれどころでは無く。

スタートホールからショットが暴れまくり、次もパー3で6を叩くなど先が思いやられる展開。3ホール目にようやく落ち着いてパーが前半3つ取れて、44。後半はトリ1回、ダボ1回、パー3回で都合45。ボギーペース御の字なので、相当満足のラウンドとなった。

都心至近にありながらも、距離はしっかりと有る上、幅もそれなりにあって、林もしっかりしてるので、接待コースとしてはかなり面白い部類に入るんじゃないだろうか。

とにかく今日はパターがよかった。これは完全にメンバーに恵まれたお陰で、みんなタッチが出てるのでイメージが湧きやすい。

アプローチも近年稀に見る安定感で特にバンカーショットはほぼ完璧な寄せだった気がする。

ドライバーはまずまず。

で最悪に近いのが、アイアンショット。今日は一度も快心のショットが無かった。スイートエリアに全く当たらない。

ゴルフに関しては練習しなくてもしてもあまりスコアに関係ない。自転車はねえ、そうはいかないんだよね。

f:id:Rupin:20180113195229j:image

TrainingPeaks

f:id:Rupin:20180111124148p:image

昨晩は、去年転職された先輩と鶏肉をたっぷり食べた上、挙句おごって頂けるという素晴らしいディナー。50代半ばにチャレンジして、新しい会社での面白い話を聞いて、色々と人生について考えさせられる。

今日はお客とのディナーなので、朝ローラー30分。自転車通勤往復出来ない場合は、Zwiftでローラーというリズムが出来つつある。本当は1時間やりたいが、セッティングに5分は最低必要。定時ギリギリの出社にすれば、7:15まで乗れるが、それは無理。東京に引っ越せば、乗れる時間を確保できるが、それはもっと無理。

結論飲み会を減らす方向で行くしか無い。あるいは飲み会で酒を飲まずに過ごすか。もっと無理?

TrainingPeaksを1年ぶりに活用し始める。

目標レースを入力してテーパリングを設計。それに沿った練習メニュー(TSS)を入力して、CTL(フィットネス)を上げて行く計画。

2016年に最も強い時期で100くらい行ってるので、先ずは100の山を目指して積み上げる計画。

先は長いが頑張ろう。

 

 

プロジェクト・プロジェクター

f:id:Rupin:20180109071824j:image

Zwift 30min.ショートメニュー

遂に長年の懸案事項であったPJ/プロジェクターが実現した。それは思いもよらないきっかけで実現したと言ってもいいだろう。

二子玉川の蔦屋家電で本を物色中に思わず目にしたプロジェクター群。なんと業務用(学校用)の巨大なプロジェクター(CASIO EB585)が格安で販売している。超短焦点3300ルーメン級では、10万クラスを当然覚悟しなければならないが、なんと定価の1/3。

暫し、沈思黙考する時間を設ける為に店を離れたが、数時間経てもこのタイミングでの出会いを大切にすべきとの考えは変わらずに購入決断。蔦屋家電に在庫を確認して再度訪問購入に至る。速攻で帰宅してから寝静まる寝室兼ローラー部屋でセッティング開始。上下反転など若干手こずるが、無事に完了し23:00頃就寝。

スクリーンが無く止む無くブラインドに射映している為、zwiftの文字が一部見えずらいが、贅沢を言ってもしょうがない。

 

セッティングに若干の時間を要したが、家族全員が起床した5分後にzwiftのショートインターバルメニューが開始できて、30分汗を流す事が出来た。やはり、画面が大きいと全く臨場感が違う。

 

TSSは35程度しか稼げないが、雨や飲み会の日にはこのパターンで稼ぐしか無い。出社前のメニュー消化がどの程度ルーティーン化できるか?これからも試行錯誤は続く。

 

 

 

もてぎサイクルマラソン100km

f:id:Rupin:20180107192234j:image

もてぎサイクルマラソン100km 29位 2h41m53s ave.37.3km/h 

2年ぶりの正月のもてぎだが、過去3回出てる。2010年にビギナーで3:00:01(33.3km/h)だった。
2012年は年齢別で2:44:25(36.8km/h)だった。2016年は年齢別で2:27:55(40.2km/h)だった。

過去は15分ずつ縮めてきたが、今年はほとんど乗らずで昨年末の袖ヶ浦で速攻で千切れたイメージしかないので、2012年位を目標設定した。

 

嫁実家から、5:15に出発。

途中PAで30分程度寝て、7:00頃に起きて、8:30頃に到着。途中、道路標識でマイナス8度を見た気がするが、徐々に気温が上昇して、もてぎに着いたら0度位になってた。

f:id:Rupin:20180107194341j:image

ゼッケン付けて準備してから、軽く一周。

直登は試走でどれ位キツく見えるかどうかが、調子を見るバロメーターだが、しっかりキツイ登りに見えた。チーン。

スタートまであと30分以上あるので、駐車場をウロウロしてたらなんと!ケニーさんを発見。

一緒に走るのは、一昨年の袖ヶ浦ぶりかな。

f:id:Rupin:20180107194706j:image

スタートはほぼ最後尾。先頭は遠いので次の集団で行けるとこまで行きますか!という事でローリングスタート

集団後方から見る大集団は圧巻。

リアルスタートから、直登はキツイ。このペースでは直ぐに千切れる予感が満載。しかし、超重量級ケニーさんがグイグイ、ローケイデンスで登るので意地でも着いて行こうと決意。こっちも重量級だが、もはや体重を理由にはできない。

幸いにして、下りと平坦で結構休めるので徐々に身体が慣れていく。一周7:30-7:45位のペースで、2016年に先頭集団で走っていた時から1分遅いタイム。これでも自分としてはギリギリのペースである。

途中、ちょいと先頭引いたりして疲れて登りで集団から遅れたが、意外に大集団で後ろの方で休んだらかなり復活。10周目位で先頭集団にパスされる。ここで集団最後尾にジョイントするも半周で千切れて、再び先ほどの集団へ。

ケニーさんもしっかり集団にいるので時折話しながら走る。集団は平地が遅いので1人で抜け出すシーンが2回ほどあったように記憶してるが、単独走は辛いようでまた復帰。

最終週は、1人抜け出た選手をブリッジしようと集団を引いたら思った以上に風が厳しくジ・エンド。

レース強度で100kmはいい練習になった。

f:id:Rupin:20180107201712j:image

今年はケニーさんとも色々とレース出れそうだ。

 

 

 

TSSを積む季節

f:id:Rupin:20180105071004j:image

1/1-1/4の自転車活動 231km TSS400

今年は毎日乗るを目標に4日間。昨日100km弱走って疲労が蓄積してきた感覚。懐かしい。とにかく今はTSSを積んで、体重を戻しつつコンディションを少しでも良くする事に集中する。

それにしても、来週から飲み会の嵐。

自転車通勤練習から早朝自宅ローラー練に切り替えるか。1時間出勤遅らせて、そのぶん仕事が非効率になるのは承知でトライしてみるか。色々と試して、ダメなら切り替えるなどがいい。

今年の干支は戊戌で思い切ったリストラが必要な年だそう。戊も犬もどちらも茂の意味を含み、樹木が生い茂る。大胆な伐採をして根腐れをしないようにしろと。戌の戊に一が加わっているのは、陽気とかエネルギーを意味しており、ここで何かをリセットしたりリスタートするには最適なタイミングだそうだ。

 

 

 

年末年始サイクリング 「初日の入と初月の出」

20171231仙石原ライド15km

f:id:Rupin:20180101174032j:image

隔年で仙石原に来ているが、今年は30に入って31のみ軽くサイクリング。相変わらず寒い。湖尻の蕎麦屋で力うどんを食べて速攻で退散。雪がちらついてどんどん気温が下がる感じ。

疲れが溜まっているのか、日中2回昼寝して、夜は0:00に年を越した瞬間寝て起きたらもう8:00。

ここまでガッツリ寝れたのは久しぶりか。寝れないのも体調が悪かった原因だからこれは前向きに捉える。

2018尾根幹ライド52km

f:id:Rupin:20180101175710j:image

 f:id:Rupin:20180101175716j:image

実家に着いて、15時に出て毎年恒例の尾根幹へ。スキー用インナーに長袖ジャージでちょうどいい感じ。連光寺まで行ってから尾根幹に入って南野セブンへ。ここから周回コースに入って、日大三高過ぎて突き当たりを右折して、鶴川経由で実家までの50kmコース。

流石に小山田周回では冷え込んで、上にレースケープを着て走る。

今朝は初日の出が見れなかったので、「初日の入り」を登戸から眺める。美しい富士山。

f:id:Rupin:20180101174857j:image

逆を見たら、「初月の出」

f:id:Rupin:20180101180014j:image

今年はいいスタートが切れそうだ。

 

 

 

沖縄サイクリング

那覇空港から伊計島往復 125kmー

f:id:Rupin:20171230215958p:image

12/28は毎年恒例のレジェンド納会で恵比寿から西麻布、恵比寿と飲んで完全に仕事を納めて帰宅。若干咳がぶり返したが、気にしない。

5:00に目覚ましをかけて、気合で起きる。まだ酒が残るが、バイクを積んで急いで用意して出発。

空港で携帯を家に忘れた事に気付く。寝ぼけていたのでしゃーない。

飛行機が遅れて、10:30に走り始める。

那覇は暖かい。半袖ジャージでもいい感じだが、長袖しか持っていないので、Q36.5のジャージで走り始める。

南から反時計回りにぐるっと回るコースをイメージしたが、空港から出て信号の流れで北に行く事に。

那覇ICまでの登りを通過して東海岸に出るつもりだったが、沖縄のくねくね道の恐ろしさよ。いつの間にか、ぐるりと回されて那覇へ帰ってきてしまう。

已む無く58号を北上する事に。

名護まで行って往復するかと走るが、北谷を過ぎて、右折。東海岸に伊計島という海中道路があったと思い出し、再び沖縄の背骨の坂を登る。

沖縄市でやや雨も降る様な曇天となったが、伊計島でのサトウキビ畑や穏やかな熱帯の海を楽しみながら、ゆっくりとサイクリングを楽しむことができた。

ペダリングの意識を高めて、柔らかく足首を使う事に意識。上死点での入り方は正直感覚ではわからないけど、意識をするしないで天地の開きがある。正しいか正しくないかは結果が全てだからこれは今の時点で正解かどうかはわからないけど。

まだまだ距離を重ねて先ずは自転車を乗れる身体に変えて行かなければ。

 

FUNRiDE トレーニングキャンプ 中級者向けペダリング講座

f:id:Rupin:20171227045826p:image

ハムスタースピン/ペダリング講座受講

久しぶりのレッスン受講。振り返ると色々とお世話になった気がする。2014年と2015年にスマートコーチングの安藤氏の所で2回。フィッティングでは2014年に中野さんに合わせて頂いたついでにスタジオでストレッチポールでのストレッチを教わった。2015年にはピークスコーチングの主催により、西薗選手の講座を聞きに行ってその後、パワートレーニングのパーソナルトレーニングで2016年の秋は南部コーチにも3ヶ月程度フォロー頂いた。

今回は身体の使い方という事で、かねてからお話を聞きたいと思っていた福田先生の講座である。氏は、色々なメディアやSNSで自身の理論を惜しみなく披露されているので、大凡の内容は事前に把握したつもりであった。

 

当日は、朝11:30頃に出勤だったので、朝から久しぶりのローラーで脚を回しておく。自転車通勤は10月以来だ。気持ちがいい事この上ない。オフィスに着いてから身体が軽い。気がする。

 

結局仕事やらで、19時のスタートに若干遅れての到着。ローラーメーカーのデモをやっていたので少しだけ質問。

来年の夏、凄い奴がグロータックからリリースされるらしい。18万するけど買う価値ある。自動昇降負荷機能付き4本ローラーである。Zwiftやガーミンのコース登録に忠実な斜度と負荷の設定が可能。もはや、世界に一台しかないオンリーワン商品。外に出なくても世界中のコースが正確な斜度と負荷で再現可能。

 

さて、講座はトータルで14名。

最初にネタバレすると要約すればポイントはこの2点だったか。

体幹を意識する

死点で脚がフラット

班分けをして、ハムスター初参加組はビギナークラスへ。なるしまとイナーメの若手の方に色々とサポート頂く。

先ずは上腕の回旋で肩の可動域を上げる。あら、不思議。なるほど。面白い。

続いて、脚の脱力落下。椅子に座ってペアで。

これはわかった様な気がする程度。

更にペア同士のスクワット。テンションがかかった状態で離してから立ち上がると後ろにひっくり返るが、体幹を意識して、真っ直ぐ立つ。

その後ローラーに乗って、ペダリング。SFRで上死点での脚の角度に意識を持つ。スクワットの様に柔軟に。胸郭のあたりからブレない様に体幹を意識。

ペダリングやスクワットをペアの方に映像で撮って頂いたので、いかに意識と行動が一致しないかを思い知らされた。

 

帰りの通勤もひたすらこの2点を意識して走る。非常に参考になったので、忘れない様にしばらくは体幹ペダリングについて刷り込み練習してみよう。

 

 

 

 

ウィンターサイクルマラソン袖ヶ浦 42km

42kmクラス 32位 1:16:17

f:id:Rupin:20171218142855j:image

ツールドおきなわ以降は一瞬もバイクに乗る事なく、去年も出たからという事でエントリーしたからという事でレースに出てみた。

1か月以上のブランクは有っても実際やってみると意外にイケるんじゃないか?という期待を打ちのめしてくれた。

 f:id:Rupin:20171218142911j:image

前日、届いたばかりもLEOMO TypeRのインストールだのセッティング等で時間を費やす。5つ有るセンサーは決まった色で付ける部位も決まっているらしい。

パワーケイデンススピードは速攻拾ったがハートレートモニターがダメ。電池替えてもダメ。

起動が遅いのとデータの同期がWIFI縛り?なのと、分析データがサイコンではおろかアプリでも見れない?とかSTRAVA等とのリンクが出来ない。なかなか、使い勝手が難しい。

事の流れで、家族が応援に来てくれる事になったので、6時に犬も入れて4人+1匹で家を出発。途中、ガソリン入れたりコンビニ休憩。相変わらず、アクアラインは渋滞。7:30頃には到着。

到着は遅かったが、駐車はいい場所を案内してくれて、のんびり受付してゼッケンを付ける。日東5000を初めて使う。あれ?剥がれるんですけど。嫁にしっかりと付けて貰う。

アップは無しで1周だけゆっくり走る。風強そう。スタートは8:30。

ストライダーは奈良何やらというチームの方。ローリングスタートで、ホームストレートでリアルスタート。

スタート直後からいきなり一本引き。結構スピードを上げて集団の量を減らしにかかる。体感ギリギリ強度。去年はスタート地点からいきなりリアルスタートで100kmの大集団に2周位で追い付いてから、落ち着いたが、今年は半周ローリングしたので、純粋にこのクラスでの戦い。

そして、見事にリアルスタートして1周で千切れる。この早さで、ゲームオーバー。後続の第2集団からも数周で千切れて、後はほとんど単独走行大会。後からラップ見たが、去年は3分半位で落ち着いてラップを重ねて、先頭集団で最後まで行って1時間でゴールして14位だったが、今年は4分半位で周回を重ねて、1時間16分。

風が強かったので優勝タイムも去年より7分位遅いけど、それにも増して弱くなった。これじゃ話にならない。

正月のもてぎにもエントリーしてるけど、これじゃ出る意味ねーなあという感じ。

Rapha500でもやって体質改善してみるかな。

ちなみにLEOMOのセンサー結果は以下。分析はこれから。

f:id:Rupin:20171218151239p:image

 

 

 

 

ツールドおきなわ当日編

ツールドおきなわスタート前

5:30起床。直ぐに朝食。この時間だと空いている。ルートインは4:30から開けてくれるので最高。ご飯に納豆と海苔。ソーセージにヨーグルトにバナナ2本。クロワッサン1個。コーヒー飲んでまったり。

7時頃出ればいいかと考えていたが、先頭近くがいいかと考えて、6時過ぎに出て自走で数分のスタート会場へ向かう。

集合場所では20台くらい寝かせてあったので、その後ろに置いて、ブラブラとお散歩。

f:id:Rupin:20171113071016j:image

チャンピオンのスタート前の風景

佐野と西薗にオーラを感じる。

市民210kmから市民レースが始まる。30分以上暇だったので、周りを観察したり、携帯で風をチェックして時間を潰す。どうやら地元の人が多そうだ。

f:id:Rupin:20171113071435j:image

先頭2列目をキープしてスタート地点へ移動。

公道閉鎖しての自転車レースで、ほぼサイクリング的レースだが、走り始めたら表彰は無いけどみんな本気になるんだろう。

目標は先頭集団に付いて、最後はスプリントに参加する事。

レース編

体感としては、はっきり言ってかなりキツかった。150名からのレースなのに大集団が形成されない。ずっとエンデューロ系で千切れた数人のパックで走り続ける感覚だった。

スタートと共に目の前の人がチェーン落ち。

クリートキャッチして直ぐに右肩から外人さんが猛烈なスタートアタック。1人付いて私もその後ろに付く。

どうやら3人で少し先行してしまった様だ。

真ん中の人は直ぐに離脱して2人。外人も市街地抜けてバックファイア?この時点で後方の先頭集団から20mくらい前を泳ぐ。1人取り残されるが、こんな所からゴールまで単独走は無いよな〜〜とペース走で淡々と。しかしかなり心拍が上がっている。アドレナリンで想定以上に頑張ってしまった様で、キツイ。向かい風で心も折れそうだ。

しかし、ここの所の、いや今年の乗込み不足は正直に身体の反応を通じて、脳に指令を出す。この辺でやめてくれ‼️

スピードは一気に30km/h程度まで落ち込んで、後方から集団に飲まれるのを待つ。

先頭の小集団数人にパスされたが、スピード差があり過ぎて付いて行けない。早く大集団来いと念じるが、気配無く、単騎で必死に先頭を追う。ここは向かい風で先頭もペースを落とした様だ。

10km位でようやく10名位の集団に追いついて貰って、一緒に回し始める。この中の4名程度の方は何も言わずとも普通に回せる。人によってスピード差は若干否めないが。  

先頭までの距離(50m位)を共有して、徐々に距離を詰めて本部大橋前までに先頭の小集団にドッキング完了。ここで一休み。しかし、この直後に美ら海水族館の坂で数人のアタックを許してしまう。

はっきり言って、スタートから美ら海水族館までが一番きつかった。

長い下りで心拍を落ち着かせる。

徐々に回復してきた。アップダウンでも先頭付近でクリアできる様になってきた。

先ほど逃げた数名も吸収。黄色いゼッケンのクラスが数名混走してくれて、10名程度のパックになる。

今帰仁天底あたりの登りもトップでクリア。

ここでゴールまで行ければ、まあ当初予定通りで行けそうだ。脚のレベルも合っていて、落車もゴールまで無さそうだ。

徐々にふくらはぎが攣りそうな気配。心拍がきつ過ぎて、水分もろくに取れない時間帯が長過ぎた。補給も出来ていない。

仲尾次の交差点を右折して、いよいよレースが始まる。一旦、最後尾に降りて全員見る。初めて見るおじさんがいた。ここまで潜んでいるとはなかなか上手い。

イオン坂で一気に抜ける動きに対応すべく3番手位で様子見。誰も抜け出さず。

最後はスプリントになる事が決定したので、どこからかけるか考えて300m位で行こうと決定。

全員左車線にいるので、右から抜けるのが普通だが、後方から被せられて右へ抜けるルートが閉鎖される。左の歩道付近を抜けて2番手まで上げて、残り500m看板通過。

ここから何故かロングスプリント開始。

しかし、疲労で腕が震えてハンドルがグラグラしてなんとも情けない姿。2位以下を数メートル引き離したが、スピードが伸びずにズルズル沈むイメージしかない。ゴールラインが近くて1人に抜かれただけで済んだのがラッキーだった。

ゴール後編

アナウンスで2位と言われて、改めて知らない逃げが無くて良かったと安堵。速攻でホテル戻って風呂入ってチェックアウトして、那覇空港まで。帰りの車中はずっとチャンピオンレースをストリーミングで観戦。

11:00にはレンタカー返却して、12:15の飛行機で帰る。離陸直前に佐野のロングスプリントでの勝利を見届けた。凄いの一言。

 

 

 

 

ツールドおきなわ 市民チャレンジレース40- 50km 2位

ツールドおきなわ 市民チャレンジレースオーバー40 50km 2位 

f:id:Rupin:20171112123929j:image

今年から新設された初心者様?レース。50kmを1時間半以上かけてゴールするイメージをもった自転車乗りがエントリーするクラス。

100kmは申込初日にエントリーも抽選でばつ。140kmとか50kmはいつの間にか埋まって残されたクラスは210kmと50kmチャレンジ。

今年初にして最後のレースだが、想定以上の結果で満足。最初は逃げたり、最後までレース前方で展開できた。最後はロングスプリントをかけたが、刺されて2位。

ウェイト落として、来年は100kmである程度レースができるまで頑張りたい。今年はお休み。そろそろ真面目に乗りますかな。

f:id:Rupin:20171112145553j:image

ツールドおきなわ前日編

f:id:Rupin:20171113063440j:image

ツールドおきなわ前日編

金曜日はサッカー部後輩の送別会でベロベロになって3時帰宅。朝は9時頃出発して11時過ぎの便で沖縄へ。

TIME号だが、SRMが電池交換から帰還したものの、パワーデータがサイクルコンピュータに表示されない。ペアリングは出来るので余計に意味不明。コルナゴで行くか最後まで悩むが、結局SRMのPC8も持参して、表示される事を期待して出発する。

チェーン洗浄スプレーが機内持込不可とか、搭乗口が変更になるとか出発が30分遅れるとか色々と小さいトラブル有ったが、無事に那覇空港到着。

f:id:Rupin:20171113064332j:image

いつもお世話になるレンタカー屋さんでクイックに手続きして、一路名護へ。途中のSAで亀甲せんべい梅を買って、ボリボリ食べながら。

駐車場で自転車出して、受付。

f:id:Rupin:20171113064629j:image

CWSの出場お二人とも超偶然に受付付近で遭遇。

140kmと100km。お互いの健闘を祈る。

ゼッケンホルダーを沖縄輪業で購入して、メンテナンスエリアでお兄さんに作業していただく。エアも入れてくれた。おまけに前輪タイヤ向き逆とのご指摘頂いてクイックリリース抜いて装着する。ついでに、パワーメーター表示されない病についても相談。

これは難病指定。戻ってショップに聞きましょうかという事で、明日はパワー表示は諦める。

ここで30分以上滞在。

宿泊は、ルートイン。直前の金曜日に一休見てたら空いてたので速攻でブック。もともと、車で寝ようと思ってたのでラッキー。

A&Wで軽くハンバーガー食って、チェックインして、最上階の露店大浴場でさっぱりしてから、部屋でくつろぐ。

いつの間にか落ちていたが、21時頃起きて、おきなわ50kmの過去のブログなどをチェックし始める。

どこにも落車落車。適当に先頭集団の後ろでぬくぬく走ろうと思ってたが、前目で行かないと危険かもしれないと思い始める。

結局0:00に就寝。

 

 

 

 

江ノ島通勤

久しぶりにエースと通勤 帰りは境川CRから江ノ島往復 130km

f:id:Rupin:20171025062835p:image

朝はのんびり。約1週間ぶりで脚が軽い。

途中、平塚橋交差点で、パパ友エースに追いつかれて、久しぶりに通勤ライドを共にする。

帰りは時間合わせてちょっと寄り道しようか?と軽く約束して仕事中から、どこに行こうか考える楽しい時間。

横浜あたりで肉まん食うか、尾根幹行くか、思い切って鎌倉まで行くか?

18:45に六本木付近で集合して246をひたすらに南下。渋谷から三軒茶屋までのピスト女子がかなりいい脚をしていたので、遠慮なく乗らせていただく(下ネタでは無い)。

しかし246特有のアップダウンが徐々に徐々に脚を削る。背中のポケットに色々と詰め込んで腰が重くなってきた。

久しぶりに見たエースはやや丸くなったが、確実に乗り込んでいるので、全く背後から離れる気配が無い。登りは350w以上で回しているのだが、高ケイデンスで軽やかに走っている。

東工大までのやや長い直登は、やや軽めから入って350wまで上げてから耐える。途中から登りでどこまで上げたら切れるか試し始める自分がいる。結構長い。若干離れる気配が。ギアを選択間違えて、離れた後に追いかけようとしてツル気配がしたということだったので、境川CRに入って、ゆっくりサイクリングモードへ。

f:id:Rupin:20171025064628j:image

エースのヘッドライトに頼る。

やがて、藤沢橋交差点にぶつかり、江ノ島へ。ここですでに21:00。確実に23:00は超えるペースだが、ここまで来たら自転車で帰るしか無い。

f:id:Rupin:20171025064819j:image

13

 

 

SRM電池交換断念

f:id:Rupin:20171002101201j:image

かれこれ数ヶ月SRMが電池切れで死亡してたが、放ったらかしにしてたので久しぶりに重い腰を上げてクランクをバラしてから、交換しようとしたが、敢え無く断念。

先ず蓋を外すのに一苦労。過去のパターンとは反対サイドから外すのに気づくまで結構時間を要した上、開けたらびっくり。電池形状が過去のものと違う上に、配線が圧着端子っぽい為素人では交換するのが非常に難しい。

あれこれ格闘試みるが、結論はSRMに送るしか無いと諦める。

それにしても、電池交換に毎回3万円かけて1ヶ月使用不可能になるとは、明らかにSRMもメリットが無いパワーメーターに成り下がったものだ。耐久性と信頼性のみで優位を維持するのもこれからは難しいだろう。

本国に修理に出すのが、しち面倒臭いが週末にでもやるかな。