Rupinのランとロードバイクのブログ

マラソンでサブ3を目指す元チャリダーのブログ

駒沢公園5周

f:id:Rupin:20190818113521j:image

f:id:Rupin:20190818113525j:image

駒沢公園5周10km

昨日のダメージが残る中だが、暑い状況で河川敷を攻める自信なく、駒沢公園で日陰走。

4周目は100mの流しを2本やって、5周目は最後に少しペースアップして終了。

公園トレーニングルームでシャワーを浴びたが、ロッカー含めて冷房が効いており最高に気持ちがいい。8時15分頃家を出て、11時には帰宅。

来週は、乗鞍ヒルクライム参戦。全然乗って無いです。バイクは先日の奥多摩ロングでランとの親和性あまりない事がわかったので、気負わず気楽に登るしかないか。あとは体重管理くらいかな。

RunField サブ3練習会 駒沢公園12周走

駒沢公園12周走 25km 5’30’’-6’00/km ラスト1km3’25’’

f:id:Rupin:20190817212518j:image

f:id:Rupin:20190817212459j:image

今日は15時からRunField の夕刻ラン。元々は3時間走を予定していたが、酷暑にて2時間半/12周/25kmに変更が冒頭コーチから告げられる。午前中も70分走に短縮してた様なので、熱中症リスクを考えると妥当な選択。

今日は結構な人数でスタート。メンバー6人+コーチ2人の8人で賑やかにスタートする。ペースは5’30’’-6’00’’/kmでベラベラと喋りながら、2周(4.2km/30分程度)ごとに1分程度の給水休憩をして、トータルで12周した。

実はスタート前に急に喉が痛くなり、ポカリを喉が通るだけで痛い。ここ1週間身体を酷使した上、クーラーで喉をやられて若干風邪を引いた可能性。2周終わった所で頭痛が若干有ったので、これが酷くなる様ならリタイアも覚悟して走っていた。

汗は相変わらず相当な量になった。ランシャツからランパンに染み出してランパンもびっしょり。足から汗が流れて、靴下は汗で白くなり、靴が汗でグッチョリ。

ランの方は、先週田中コーチから指摘された腰の位置を意識して、フォームが崩れない様に意識して走り続けるが、流石に20kmを過ぎて最後の方は足が重たくなって来た。先日の金時山トレイルのダメージかも。

最終周回はラスト1kmで3’50’’/km切りペースで行こうかという話になり、田中コーチとMさんと3人でよーいドン!何とか3’45/km位で行ければ合格ラインと設定。あとは、24km走った後に体感で感じるスピードと実際のスピードの差を感じる事が出来たら収穫。スタート直後から田中コーチが先行。上腕を積極的に振り、リラックスして付いて行く。400m付近で呼吸がキツくなってくる。ここでMさんが一気にスピードを上げて先行。これは見送る。500mから600m位でキツさの中に最後まで押し込める様な気がして、初めてコーチのペースに最後まで行けるのでは無いかという期待が高まる。Mさんは600m-700m位で抜き返して、最後まで田中コーチと並走してゴール。3’25’’と聞いてガッツポーズ。

喉が痛いのは走っても治らないので、ちょっと安静にして長引かない様にしなければ。

金時山トレイル

f:id:Rupin:20190814154022j:image

お初トレイル 金時神社から金時山 登り2.1km 446m 36分 Total 5km 1時間

f:id:Rupin:20190814154226j:image

昨日、キャンプから戻って今日から箱根。御殿場アウトレットでオークレーのレイダーロックの替えレンズなどを購入してから、仙石原へ移動。

早速着替えて、雨の中金時神社から金時山に向かう。かねてから、金時山は一回登ってみたかったが、なかなか機会が無く。TIWのトレイルの先輩であるTさんがトレイル仲間の皆さんと幾度となくトレーニングの一環として金時山に登っていたのをSTRAVAで見てたので、ちょうどアタックするには良い機会という事で。

f:id:Rupin:20190814204352j:image

この日の為に、asicsのターサージールを用意しておいた。荒れ地には絶対こちらが安定しているはず。結果的に大正解。下りで時々石とか岩がサイドに刺さって痛い思いをしたが、ソールが滑らない。左右に倒れる感じが全くない。Nikeasicsでは、耐久性とか作りはasicsに軍配があがる気がする。やはり日本製はコスパ最高。

さて、一般的に95分程度。トレイルブログで50分程度との情報有り。金時神社から鬱蒼とした森をひたすらに登る。登山道には、岩と木の根が絡み合い、時折膝程度の高さの段差を乗り越えて行かなければならない程にキツイ斜度。

丸太や板で階段状に整備されている上に、丁寧にロープでオフコースを防ぐ手当がなされている。

路面は雨でぐちゃぐちゃになっているのと岩が滑るので、慎重に慎重に登る。本格的なトレイルランは生まれて初めてなのに、誰にもアドバイスは貰えない。とにかく無理をせず。しかし心拍と息は閾値程度まで上がって、ハアハアしているので普通のランなら4’15’’-30’’/km位の負荷がかかっている様な感覚。

20分ほどで辺りが開けて眼下に仙石原が見えて来たので、頂上が近いのか?と気合を入れるが、あと20分の標識。

ここから一気に斜度が上がり、かなりキツイ時間帯が続くが15分程度でいつのまにか山頂へ。

f:id:Rupin:20190814213131j:image

頂上では全く景色を楽しめないので、爽やかな風にちょっと当たったらTシャツの汗を絞って、早速下山。小走りで下るが、ここで転けたらシャレにならんので、慎重に。何となく水が流れる様なルートを選択してアウトアウトで斜度が最も少なく、バンクを活用できるルート。木の枝など上半身を上手く活用できるルート。大きな段差は、しゃがんで両手でしっかり岩を押さえながら下るなど、勝手に自己流トレイルを楽しみながら、下る。

終わって、stravaでセグメントを見たらこの金時山トレイルコースだが、意外に36分で登れてたし、1時間程度で別荘から出て帰れる様なコースである事がわかった。しかしながら、GPSの計測でわずか往復5km。たっぷり1時間もかけて。

行きも帰りも誰一人ともすれ違う事なし。やはり雨ではトレイルとか山登りはしないものなのだろうか。色々と面白い発見と疑問が浮かんだ初トレイルだった。

 

軽井沢キャンプ合間のトレイルラン

f:id:Rupin:20190812160601j:image

軽井沢トレイルラン16km 1h25m

軽井沢のキャンプ場から買い出しのスーパーまで、20kmの道程を林道でショートカットすると15kmほど。

f:id:Rupin:20190812213109j:image

相変わらず、ナイキのVaporFlyは真っ直ぐロードで縦に脚を置く分には何の問題も無いが、横方向の荷重に弱くて、ダートでしょっちゅう足首が取られて捻挫しそうになる。

一回、右足首が完全にひん曲がったが奇跡的に事無きを得る。

緩やかな下り道で最高の林道発見!と喜んでたら5km位で別荘地の辺りに出て、そこから激しいアップダウンが続く。

方角的には、西の方に降りて行きたかったが、なぜか東サイドに降りてしまい、無駄に旧軽井沢から東軽井沢までほとんど平地を5km程走った。東京に比べて圧倒的に涼しいので、スピードを出せる気がするのだが、今日は遅い。

左の裏筋辺りが疲労で痛む。時々、歩きストレッチをしつつ走る。腰が落ちない様に意識してゆっくり走ってつるや到着。相当に汗をかいたので、このまま車に乗るのは憚られる。着替えをして、デオドラント系で全身かけて、それでも何かが臭う。靴か。ハイターで撃退すべく、靴紐から溶かして漬けたが、どうも臭いが消えない。靴全体を戻って滅菌作業。

明日は、早朝ハーフゴルフ⛳️GW以来なので、50切りを目指す。

RunField土曜日午前練

f:id:Rupin:20190810162444j:image

RunField 90分走(8周/17km)+2.1km全力走(8分)

今日はサブ3の午後練が人数不足で集まらず、午前の土曜午前練に寄せて開催された。

9時ちょい前に着くと、炎天下でも走るタフガイが意外に大勢集結している。皆さまやる気の様で、テンションが上がるが、水曜日の筋肉痛がまだアキレス腱の上の辺りから結構厳しいのが残る。

5:30組で駒沢公園のランニングコースを8周。2周毎にレストを入れて水分補給。梨の差入れが本当に美味しかった。

5:30組はサラリーマンをやりつつボランティア的にサポートしてくれている池田さんと駒沢大学の駅伝チームにいて怪我で退部しちゃったけどまだ走ってる若い子がペーサーになってくれて、駅伝部での練習内容などを聞きながら走る。ジョグペースだが、スピード練のダメージで脚は重い。

f:id:Rupin:20190810171125p:image

17kmジョグして最後は1周全力走。

駒大君が3’40’’ペースで引っ張るとの事で、背中に張り付いてどこまで行けるか勝負。坂を下りきって1100m表示辺りで、早くも付いていけない。しかし後ろを振り返ってペースを調整してくれながら、何かアドバイスをしてくれているので、全く聞こえないが「ハイ!」と声だけ気合入れてもがく様に、付いていく。フォームを崩さないように意識して。

最後の100mは完全に垂れてしまったが、駒沢公園1周PBの8分ジャスト(3’47’’/km)

明日からキャンプと箱根なので、脚づくりの一環で山も走ってみたいところ。

 

お初の水曜夜練 RunField

f:id:Rupin:20190807213603j:image

RunField練 織田フィールド インターバル 400m×10 /2分半サイクル Ave.77秒/400m

今日は初めてRunFieldの水曜夜練に参加。初めて見る織田フィールドは陸上好き大集団の様相。こんな熱帯夜に汗だくになりたい輩のポジティブなオーラが充満していて、異様にテンションが上がる。至る所でグループが出来て体操したり、集団走したりしている。

フィールドを軽くジョグして体操と動きだけやっていざスタート。スタート前に田中コーチにどれ位で走ります?→80秒でお願いします→⁈(ジャックダニエルズ先生の本ではVDO2スコアが52-53位の人は400mインターバルは90秒だった気が)

f:id:Rupin:20190807223306j:image

→それキツイっしょ→。。。

インターバル400m×10

f:id:Rupin:20190808072650j:image

結果

71/71/69/79/76/79/79/84/83/77

400m10本は初めて。トラックの混雑ぶりは半端ではなく基本一番内側の1レーンで走れない。よくわからないので、最初は突っ込んでどこまで持つかやって見ることにした。

入りが速過ぎて早々に垂れる。最初の3周は田中コーチについて行ったが、10本揃えるにはハードすぎた。2分半回しなので、1分は休める計算だが、呼吸を収めるのが精一杯で、4本目から着いていけない。200mで呼吸が完全に崩壊して喘ぐ様に走る始末。

最後の一本だけ相当頑張ったがそれでも77秒。

次回の400mインターバルでは、アベレージ75秒を目指して極力垂れずに揃える意識でやってみたい。

ダウンして体操して着替えて解散。

f:id:Rupin:20190808080117j:image

シャワー浴びたが、汗が噴き出て、ワイシャツがびっしょり。渋谷のユニクロでポロシャツを買って着替える。素晴らしい着用感。これで1500円て大丈夫か?

帰りは一人でチャーハン餃子食って帰宅。

 

 

 

TIWロング一政塾 奥多摩都民の森ライド

多摩サイ-武蔵五日市-都民の森(未遂)-南多摩 140km TSS270

f:id:Rupin:20190803145552j:image

TIWという自転車チームが出来て11年。最近ほとんど飲み会しかやってない。しかーし、峠が大好き、TIWの坂ばか番長の一政さんが転勤から帰って来たからには、久方ぶりに山にライドに行くしかないっしょ!という事で、先日の暑気払いで企画して即実行。

f:id:Rupin:20190803164834j:image

7人集まった。凄い。熱い。

朝の6時にケニー氏と関東労災で待ち合わせして、多摩沿線道路を鬼牽きしてもらう。

f:id:Rupin:20190803150422j:image

8時集合。新規メンバーのY君ははるばる千葉から駆け付けてくれたが、大渋滞にハマって遅れてしまうとの事だったので、誘った私が一緒に走る事にした。という事で、脚に差があるので別々にスタートして都民の森に集合する事にした。

9時過ぎにY君と武蔵五日市をスタート。まだ日陰は涼しい。走力は未知数だが、全く遅れる事なくしっかりと付いてくるし、息もそれほど上がっていないので、全く問題ないレベル。

f:id:Rupin:20190803165726j:image

スタートが1時間遅くなっているので個人的には上まで行きたい所ながらTIWのみんなとも走りたいという事で、最後の登りへ行く途中に先行組が下りて来た所で折り返して合流。

よって都民の森まであと2kmで未遂。

帰りは暑さでヘロヘロ。

帰りは30km走って多摩川でエネルギー切れた所で南武線輪行帰宅。

やはり、ランと自転車は全然違う。写真でも大腿四頭筋がほっそりしちゃってるから、ラン用の体のなって来てるという事なのだろうか。

しかしこれだけの灼熱の中でロングが出来たのは本当に仲間のおかげ。自転車は次は乗鞍本番まで乗れないかな。。。

明日はランで長距離踏みたい所だが、かなりの疲労感が身体を覆っている感覚。夜は地元の祭に家族で行くらしいが、さっさと早く寝てしまおう!

 

 

 

平日ラン

f:id:Rupin:20190730091656j:image

朝ラン10km 5’30’’/km

今日は朝から鶴見川ラン。

久し振りに調子ぶっこいて4’45’’ペースで走ったが、暑さもあって最後は散歩になってしまった。

スタートして5分ペースで走り徐々に上げて、5km地点で一旦休憩してペースを落とす。

鶴見川沿い綱島を過ぎた途中に有る久光院というお寺の父方のお墓にお参りして墓石に水をかける。「暑いね」と語りかけると気持ち良さそうな笑顔の祖父と祖母の顔が浮かんできた。祖父が亡くなって30年、祖母が亡くなって20年ほど。在りし日の思い出に浸りながら、ゆっくりゆっくり走る。

ふと思い立って、汗を大量に吸った重いTシャツを脱いで上半身裸で走ったら、気持ちいい事この上無い。Tシャツを絞れば、汗が大量に滴る。人様にお見せ出来る筋肉で引き締まった上半身を持ち合わせていないけど、とにかく気持ちがいい。汗が風に当たって涼しいからか。多摩川は上半身裸族ランナーが結構いるが、鶴見川はあまり見たこと無い。河川敷コースは脱いで走ってもいいのだろうか?流石に公園や住宅地で上半身脱いでいるランナーはNGだと思うが、恐らく江ノ島の海沿いのランニングコースは上半身裸が多そうだし、河川敷ならギリOKという解釈でしばらく走る。

住宅地に入ってビショビショのTシャツを着て歩きながら、進む。まだ朝の8時くらいだが、めちゃくちゃ暑い。今日は水分も無補給で行こうと決めて出てきたが、無謀だったようだ。

夏のラントレーニングは、初めてなので手探り状態。7月は180km近く走れたので、8月は無理せず、適度にこまめに負荷をかけ続ける事で200km程度を目指したい。

 

 

 

 

7/28 2時間LSD 皇居&赤坂アークヒルズ

2時間LSD 皇居1周+赤坂アークヒルズ散策 20km 5:53/km

昨日のRunField 2時間走の翌日のメニューとして昨日指定されたメニューはやはり2時間LSD

嫁実家で朝起きたら思いのほか疲労が重くて起きられない。雨も降っているので、朝ごはんの後に雨が止んだタイミングで走り始める。

f:id:Rupin:20190728122110j:image

コースは護国寺から飯田橋を抜けて竹橋から皇居周回に入って一周回って今度は、霞ヶ関から溜池山王アークヒルズをぐるっと散歩してから、六本木、青山、外苑、四谷三丁目から江戸川橋まで。

f:id:Rupin:20190728125724j:image

暑さはそこまで酷く無いが、湿度が昨日より高くて汗が容赦無く噴き出て、靴まで入り込んでしまう。10kmを過ぎて、脚が重くなり、なんだか上半身が重い。先々週に荒川TTで20km以上走った後の、翌日野川20kmLSDの時はそれ程キツくなかった印象で最後は比較的余裕を持ってペースを上げて終えたが、今日は一応最後4分ペースまで上げて終了したものの、キツさ的には全然違う感じ。疲労なのか暑さなのか湿度なのか。

f:id:Rupin:20190728125743j:image

f:id:Rupin:20190728125821j:image

今日途中で寄ってみた赤坂アークヒルズ溜池山王からちょっと六本木方向に向かった左手にある森ビルによる大型再開発PJの第1号案件。昭和61年に構想20年かけて完成したので、ちょうどまるまる平成を生きて30年経った新しくも古い街。商業施設が貧弱(まだ開店前?)なので、六本木ヒルズに比べるとかなり寂しい印象。住環境としては最高なんだろうけど、年収がウン倍にならないと住めなさそうだ。

f:id:Rupin:20190728135728j:image

それにしても、昨日今日と着用したRunField の袖なしのランシャツだが、私にはサイズLではちょっとばかりきつい。上半身は脂肪でムチムチしているせいか、カッコイイランナーぽく無い。上半身ガリガリで、余裕が有るとカッコいい。「これから着ていくうちに似合う身体にして行きましょう」とのコーチからの優しいアドバイス

腹筋の筋トレでもやろうかな。

いずれにせよ今は身体がボロボロ。週末は相当追い込めた。

 

RunField 土曜朝練

f:id:Rupin:20190727151121j:image

RunField 土曜朝練 2時間走 5:40/kmペース ラスト2.1kmだけガチ走7’50’’(3’50’’/km)

先週末の合宿でダメージ大きくてという訳でも無かったが、平日は走れず走らず長い夜を飲んでばかりで過ごす。週末にガッツリ走るという事で、昨晩は大人しく一次会で解散してしっかりと睡眠する。

今日は、夏の2時間走という事で、ペース毎にチームを分けて走る。5’30-40のチームはサブ3チームの3人とプラス3名のランナー。

f:id:Rupin:20190727171430j:image

2周毎に給水するが、30秒程度で直ぐに再出発。徐々に人数が減って行くが、最後の一周は田中コーチの鬼提案で4分アンダーで1周。ごっついきつい。途中で千切られて果てて終了。いい練習になりました〜〜

 

ちなみに途中で、昨日の富士登山競走女子1位の“かおりん”というマラソンランナーが同じコースをいいペースで走っていた。

メンバーのMさんが「吉田さおり(沙保里?)が優勝したんだって。やっぱり山も走れちゃうんだね〜〜」と後方で話しているのを聞いていて、やっぱりレスリングの一流アスリートともなれば持久力も半端ねえんだななどと思っていたが、全くの偶然に駒沢公園のランニングコース中で「あ、例のかおりんだ!」とミーハー丸出しのチームメンバーが走り寄って挨拶してるのを見て、⁇などと反応してる私を見かねて、コーチがガチのマラソンランナーの吉田香織選手である事を教えてくれた。

凄いフォームだ。筋肉がごっついというか力感が凄い。素人が真似したら500mで攣りそうだ。コーチに聞いたら、福岡のレースに出場するレベルの方の走行会に混ざって走ってるんだそうで、フルマラソン2時間40-45分位。

最後の一周だけガチランしたので、タイミングが合えば行きたかったんだけど、残念ながらタイミングが合わず。

吉田香織さんのプロフィールページ

これから応援したい。

 

RunField 夏合宿2日目

RunField 夏合宿2日目 ヒルクライム1.8km*3.5&タバタ式スピード練(20/10s)*15

f:id:Rupin:20190722083607j:image

朝は爽やかに5:30起床で、6:30から朝練。という名の坂道お散歩とジョグ。30分で上がって朝飯タイム。昨晩同様にブッフェで朝から炭水化物ガッツリ。パスタやら梅ご飯など。

9:45に集合して、今日のメインディッシュの坂道練。クロカンコースから風力発電の羽根までの1.6kmで150mupなので平均勾配は10%弱だが、最後の200mはほぼフラットなので、激坂の部類。

f:id:Rupin:20190722083624j:image

最初は全員で一緒に登り、2本目から各自で。1本目は田中コーチに付くと決めてスタートから先頭付近で。教えて貰った、激坂つま先着地走法で重たい身体を押し上げていく。途中呼吸がかなり荒れるが、強く吐き出す事で何とかギリギリ耐えて走る。何とか最後までコーチに付いて走れた。

2本目は、激坂は歩いて登る。

3本目は折り返しまで走ってタイムオーバー。

トータル500mは登れた。

フラットな芝生に戻って、20秒/10秒インターバル15本。一発目から足首が固まっていて全然走れない。3-4本目くらいからやっと暖まってきてダッシュがきくようになるが、途中で何本目か全くわからない状態になってくると、酸欠で朦朧として、ダッシュで走ってるのかジョグなのか殆ど差が無い状況の中いつの間にか終了。

合宿の全てのイベントが終了した安堵感で、抜け殻になりつつ帰路は、電車で爆睡。

翌朝はケツ周りが激しい筋肉痛。良いトレーニングが出来たので、この土台を落とさず継続できるかどうか。

今回はRunField のメンバーの皆さんと宴会も含めて色々とお知り合いになれた事も大きな収穫で、互いに切磋琢磨しながら、目標レースのつくばまで、残り4ヶ月走り抜けて行きたい。

 

 

 

 

RunField 夏合宿1日目

RunField 夏合宿 初日 クロカン走 28km

f:id:Rupin:20190721054337j:image

伊豆稲取で1泊2日で開催される夏合宿に参加。「この歳で合宿って学生だっけ?」という家族の半ば呆れた顔を背中にしつつ、踊り子で現地へ。

14時頃から初日の部がスタートする。

クロカンコース(3km)をアップで一周。その後ひたすらに2時間走。

f:id:Rupin:20190721054901j:image

f:id:Rupin:20190721054911j:image

かなりのアップダウンのあるクロカンコースで、獲得標高は500mオーバー。着地に失敗すると、足首を捻ってしまう。

小幡コーチとM君と3人でパックを組む。キロ6から入って徐々にビルドアップしていく感じで行けたら行きましょうという感じでスタート。

1周だいたい15分程度かかる感じなので、できても8周程度。不整地を本格的に走るのは初めてなので、とにかく慎重に走る。基本アップダウンしか無いのと、一箇所激坂の難所が200m続くレイアウト。途中絶景ポイントが有って、一瞬のオアシス。

f:id:Rupin:20190721084113j:image

地面からの反発を貰えないので、着地を真下にする様に走る様にコーチからアドバイスを貰いながら。

最初は6’00’’弱のペースで余裕を持ちながら走ったが、徐々にペースを上げて行き、10kmを過ぎて5’15’’辺りで巡行するのも徐々にキツくなってくる。

2周ごとにスタート地点に戻って、水分補給。最後の2周6kmはキロ5まで上げましょうと言いつつ、1周目で一杯一杯になり、最終周回は登りでパックから遅れて、激坂終了時点で50m程先行を許すが最後のフラットで徐々に詰めて最後ラストスパートで追いついてなんとか8周走って終了。

不整地走は反発が無い分、関節には優しいがスピードは遅くなる。自転車でもロードとマウンテンバイクでは色々とシナジーが有ると言われるが、ランもエコノミーを高める為に不整地走で距離を踏むのも意義があると思われる。

夜は宴会やって23:30に就寝。コテージ大部屋でおっさんが8人くらい寝たが、イビキ競争に完勝して1分で熟睡。おっさん合宿良いもんだ。

 

 

出張ラン 上海

f:id:Rupin:20190717103731j:image

上海出張ラン 6km

今回はクライアントの開発案件の視察的な目的とグループ会社との自分たちのビジネスに関するディスカッションを目的とした出張で3日間滞在。

到着した翌日朝だけ走った。浦東地区の超高層ビルにあるホテルから至近にある黄浦江沿いにランニングコースが有ると聞いて、6:30に起床して早速走り始める。

f:id:Rupin:20190718131850j:image

昨日はカラオケで1時まで。なかなか印象深い充実の夜を過ごして今朝は根性で起きた感あり。

まとわりつくような湿気で汗が噴き出す。上海は東京の2割り増しくらい蒸し暑い。

ちなみに、ここ上海浦東地区は92年の改革解放路線、金融特区から一気呵成に都市計画が実現した都市。チリ一つ落ちていない程に綺麗に整備されており(場所によるけど)、人もまばらである。旧市街の浦西は雑然として街の温もりを感じるが、人工的都市は寄せ付けない何かがある。都市計画とは無から1を作る仕事なのかもしれないが、やはり都市の形成には歴史や文化や連続性が必要。中国は短期間で事をやり遂げる政治力が凄いが、日本には連続性や文化がある。

中心緑地を抜けて、川を目指す。

それにしても浦東地区は人が少ない。20年前に上海に来た時は、朝6時からうじゃうじゃ人が歩いていたが、場所が違うだけかもしれないが、朝は非常に閑散としている。

川沿いのランニングロードは綺麗に整備されており、時折ランナーにすれ違う程度で走りやすい。

f:id:Rupin:20190717110700j:image

川沿いでは釣り糸を垂らしている人も多く、公園では太極拳や散歩。何となく豊かな暮らしをしている様な印象。

高級レジデンスが川沿いで建設中で、浦東地区でも最高級エリアだそうだ。

最近、宿泊出張が無くて出張ランシリーズも久しぶりだったが、時間の都合もあって6kmしか走れなかったが大満足で終了。

仕事ではしばらく上海に行くことも無いかとは思うが、プライベートで来ても面白いかもしれない。と新たな発見。一緒に行った方々も、上海有りだな、と半信半疑だった所から随分印象が良くなった様だ。

 

2時間走20kmジョグ

2時間走/20kmJog 野川(成城から武蔵野公園往復)

f:id:Rupin:20190714175109j:image

f:id:Rupin:20190714155515j:image

コーチからの練習メニューは今日は2時間走。昨日もジョグ中にコーチに確認したら、「ゆっくり2時間走ってください」ということだったので、小雨の中野川を北上するコースを走る。

f:id:Rupin:20190714170057j:image

野川のいいところは、川沿いのダートを走れるところ。フカフカで膝とか足に優しい。今日は雨を含んだ草が容赦なく靴に侵入してぐちゃぐちゃになってしまったので、泣く泣く舗装路に戻る。

いつもは国道20号位まで行って帰ってくるが、今日はひたすら野川を走って、1時間で行けるところまで行ったらUターンして戻るという単純なコース。

京王線を超えて、調布市から三鷹市に入り、野川をひたすらに上って、野川公園、武蔵野公園の風光明媚なエリアまで行って西武鉄道多摩線の是政行きのローカル線を見て随分来たことを悟る。

f:id:Rupin:20190714165648j:image

のんびりジョグペースでミッション完了。

2日で40km走ってまだ余力が有れば一人前だが、ペースはやっぱりヘロヘロ。

 

 

RunField 荒川練

f:id:Rupin:20190713143718j:image

Run Field 土曜練 荒川5kmTT×2 1kmTT×1 Total20km2時間走

9:00に葛西臨海公園駅集合。車で45分かかるが余裕をもって1時間以上前に出る。

サブ3メンバー3名を含み、総勢9名+コーチ4名でジョグで5km走って荒川の河川敷スタート地点に移動。東西線高架橋の下辺りである。

何時もの通り、体操と動き作りを20分ほどみっちりやっていざ。

f:id:Rupin:20190713160114j:image

一本目 5km 19’34(3’56’’/km)

基本4分ペースを意識して走りたい。先月の横浜月例では撃沈して20分台に乗ってしまったので、19分台が目標。Mさんがロケットダッシュで先行して追いかける展開。西條コーチと小幡コーチが追い抜いて行くが3:45/kmペースで早いので、見送る。

Mさん、西條コーチ、小幡コーチ、私が均等間隔で10mくらいずつ離れている。3分50秒台は先々週のスピード練で800-1000mまではレスト入りでインターバルで走っているので、いきなり息が上がってという感じではないので、淡々と距離をこなして行く。

スタートして2km付近で先頭交代。Mさんが落ちてきたようだ。しかしまだ遠い。こっちは、3’50’’程度から3’55’’くらいで巡航。若干の登りで呼吸が乱れてくる。

小幡コーチが近づいてきた。お話して折り返しを教えて貰う。西條コーチは随分先に行ってM君が近づいてくる。折り返してM君を捕らえる。

荒川を渡る鉄橋を遠くに捉えながら、まだ先が長い事に呆然となりながら、必死に走る。HRは170を超えて、もう既に限界だ。4’00’’/kmまで落ちるが耐えるのみ。

東西線陸橋のゴールは何とか20分を切れた。限界までおい込んだので、もう1mmも走れない程に心肺が疲弊している。

f:id:Rupin:20190714072942j:image

2本目 1km 4’11’’

5分レスト後、スタート。ここで無理だから辞めますと言うのは簡単だが、ダメでいいから兎に角走る。遅いけど、やむなし。どうしてもこの後の5km走がよぎって走れない。

3本目 5km 21’00’’ 4’14’’/km

今度は田中コーチ/小幡コーチがペーサーとなって引っ張る。スタート直後からぶっ飛んでいってこっちは、4’15/kmで最初は抑えて折り返したら上げて行こうと言う作戦。

結局折り返しても、全くペースは上がらず上げられず、必死に4’15’’ペースを守ることに専念。体感的には最後はスパートしてるつもりでも、時計を見ると同じスピード。

これでフル走れないと、サブ3無理なんですけどw

f:id:Rupin:20190714072959j:image

徒歩とジョグで5km。12時に葛西臨海公園で解散。初めてのRunField 遠征ラン、コーチングスタッフの完璧なナビで相当楽しめた(追い込めた)。